2013年開館


交通事故の被害者になる前に事前に自分を守る手段

交通事故対策を自らとっていこう!

交通事故は、遭いたくて遭ってしまう人はいないはずですが、遭ってしまうことはままあります。
加害者になってしまうとそのことによって悲惨な将来になってしまいますし、悪い結果と結びついてしまいます。
被害者になったとしても、車の損害、場合によって身体に障害が残ったり、精神的にもダメージを受けるので、大変なことになってしまうわけです。
そこで、交通事故の被害者になる前に事前に自分を守る手段ですが、何をさておいても自動車運転に関する基本を守ることに尽きます。自動車運転の基本は、堺屋太一先生の教えを活用させていただけば、3ウエアとなります。
まずはハードウエアで、車そのものの保守点検などで整備を怠らないことです。二番目がソフトウエアで、運転技術をきちんと身に付けておくというです。
三番目はヒューマンウエアです。
人の気持ちとか精神状態というようなこと、譲り合い精神なども入ってきます。
この3つのウエアをきちんとすることが何よりも肝要です。
しかし、どんなに気をつけていても、万が一のことが起こってしまう危険性があるのが、自動車運転ですから、それに対する備えも欠かすことはできません。
それは、車両保険などの保険に入っておくことです。
自動車の場合は、万が一の事故に遭った場合、加害者としての補償はとても大きな金額になることが多いので、手元資金だけでは賄えないことが多いですし、被害者になった場合も、相手次第では大変な経済的負担がかかります。
だから、それをカバーするためには自賠責保険だけでは不十分というわけです。
また、車両保険は保険料が高いので加入しないという人もいますが、万が一のことを考えると数十万円以上のケースも発生するので、こちらも備えておく方が賢明です。

TOP|交通事故に遭ったら