2013年開館


交通事故の発生件数の推移

意外と高い交通事故の遭う確率!
毎日、日本のどこかで交通事故が起きています。

 高齢化の進んでいる日本は、高齢者のドライバーも多く判断のミスで事故になってしまう事やスピード出し過ぎ、飲酒運転など交通事故の原因は様々です。
中には死亡事故に発展してしまうような大きな事故もあります。車に乗る人が増えるのに伴って交通事故の発生件数も増えていた為、問題視されていました。
しかし死亡事故は最近減っている傾向があります。

事故の発生件数が減っている理由は様々ですが、特に自動車に事故防止の為の工夫がされるようになったという事が事故の発生件数を減らす事に繋がっています。
交通事故や死亡事故が増加し始めてから、国内にある自動車メーカーは事故を未然に防ぐ為の装置を車に搭載する事はできないだろうかと考えるようになりました。
そして、開発されたのが車や物に衝突しそうになった時に自動的にブレーキがかかる装置です。

開発当初は、本当に自動でブレーキがかかるのだろうかと不安に思う人が多く、この装置が付いた自動車を購入する人は少なかったですが、様々な実験をして効果を実証した事で、多くの人から注目を集めるようになりました。最初は自動ブレーキの装置を搭載している自動車は少なかったですが、
現在はほとんどの車に搭載されており、これからもさらに搭載している自動車を増やす計画をしています。

この自動でブレーキをかける装置はアクセルとブレーキの踏み間違いで人や物に衝突してしまうのを防ぐ事ができるので特に高齢者のドライバーから人気を集めており、
交通事故や死亡事故の発生件数を減らす事に貢献しています。また、最近は自動車の開発や製造の技術が昔に比べて大きく進歩している為、今までにない自動車を作り、
交通事故や死亡時事故を減らそうという取り組みもされています。中でも注目されているのが自動運転車です。

今まではハンドルを操作しなければ自動車を運転する事はできませんでしたが、自動運転車はハンドルを操作しなくても自動車が自動で運転をしてくれます。


なぜ、このような車が注目されているかというと、居眠り運転や急病で運転が突然できなくなってしまった為に起こる事故が増えているからです。
居眠り運転や急病により突然運転ができなくなってしまった為に起こる事故は死亡事故のような大きな事故になってしまう事が多い為、問題になっていました。
その為、運転ができなくなっても自動車が自動で運転して事故を防ぐ事ができるように、自動運転車を各社開発中です。

 今でも日本はかなり高齢者が多い国となってきました。戦後からの流れを考えると、来るべき時が来たということであり、絶対に避けられない現実として受け止めながらこれからの社会を考えていかなければなりません。
高齢者に関しては、多くのことを考えなければならないことは周知のとおりです。中でも、交通事故に関する問題も数多くあり、これらをいかに抑止できるかどうかが今後の大きな課題ともなっています。

しかも、最近では高齢者が交通事故を引き起こすケースが非常に多くなっています。各種報道でもなされているとおり、日本全国的に頻発しているような状況であり、この状況をそのままにしておくことは許されない状況です。
高齢者に多い交通事故の特徴も決まっており、その中にはブレーキとアクセルを踏み間違えてしまうケースが数多く出ています。それにより、車にはねられた結果歩行者が亡くなるという交通事故にも発展しています。
この操作ミスによる交通事故は、若年のドライバーにも十分に起こりうる現象です。しかし、それが高齢ドライバーともなれば発生率は急激に高まっているという結果が出ています。
それは、やはり高齢者特有の身体機能が低下していることに原因が考えられます。通常であれば、ペダルを踏み間違ってアクセルペダルを急激に踏み込めば、車は急発進をし始めます。 その様子を直ちに察知し、すぐにブレーキペダルに足を踏み換えることができるのは年齢の若いドライバーです。

高齢ドライバーは、頭で情報を処理するスピード、そして操作を急激に変化させるスピードがかなり劣ります。 そのことから、衝突事故などに発展するケースが数多くあるため、今後高齢ドライバーとなる全員が今日からでもこのことに気をつけるべきです。

自動運転車の貢献で交通事故の発生件数が減少する日が、きっと近い将来やってくるでしょう。

TOP|交通事故に遭ったら